オシャレだけれど正統派!『中華そば 田村』の徳島ラーメンを食す!

『都道府県の魅力度ランキング2017』でブービー賞を獲得した県からこんにちは!
ジャンクフード大好きアラフォー女子、
キニナルの“僻地”担当バンドゥーです。

私、いろんなラーメンが大好きですが、
やっぱり地元LOVE精神からイチオシしたいのは、徳島ラーメン!
(あ、47都道府県のブービー賞がどこなのか、バレましたね…)
こげ茶色のスープに、豚バラ肉と生卵のトッピングがオーソドックスと言われる、
とんこつ醤油ベースのラーメンです。

いままでいろんなお店で食べてきましたが、
数年前に、最も大好きだった徳島ラーメンの店が閉店してから、
かなり落胆してしまっておりました…。
しかし最近、「ちょこちょこ行きたい!」と思うお店が登場したんです!
そこは徳島県の板野郡北島町にある『中華そば 田村』
(「郡」がついていても、徳島市の中央エリアから車で15分くらいの場所です)

カフェと海の家が融合したような雰囲気の外観で、オシャレー。
女性に人気というウワサを聞きますが、なるほど…。

入口横のお店のサインもかわゆい。
「中華」を「CHUKA」とせずに「TYUKA」としているところが少し気になりましたが…
オシャレだからイイ!

…と、キョロキョロしながら店内に入りますと、
店内の雰囲気もどこか海の家を思わせるような、イイ雰囲気が漂っています。
この日、お昼を食べそびれていた私がお店に行ったのは16時近くだったのですが、
それでもお店にはたくさんのお客さんがおりましたよ。

さて、メニューを拝見。

『中華そば』がいわゆる『徳島ラーメン』です。
その下にあるのは…えーと…、え? 『魚介そば』って何…?
と思っていたら、一緒に同行してくれた相方が『にぼし』の魚介そばを迷わずチョイス。
おお、チャレンジャーやな…と思って、
私は『徳島ラーメン』の王道でもある『肉入り(バラ肉)』に生卵トッピングとしました。
しかもサイズはもちろん『大』で! ふふふ。

っていうか、メニューの上部に
「当店のラーメンはこってり味です
 あっさり味もできます
 あっさり度を(すこし・ふつう・かなり)からお選びください」
という、これまたキニナルお店のホスピタリティ!
う~ん、あっさりっていうのも試してみたい…。

…っていうか、その組み合わせを考えると、メニューのバラエティ、ハンパない!

ほかにも『カマスと煮干し』の魚介系ラーメンがあるほか、
『クリームチーズラーメン』なるものもあるとは…!
ちょっとクリームチーズはキニナルなぁ…。これはまた食べたい!

…と思ってたら、やってきました、ラーメンが!

こちらがにぼしの魚介そば
ベースは徳島ラーメンなんですが、魚粉がたっぷり入っています。
こんなコラボ、見たことないわ…と、少し恐怖を感じたのですが、
食べてみると「めちゃめちゃアリやーん!」と、相方とともに大絶賛してしまいました。
不思議や不思議。こってり系のとんこつ醤油スープがベースなのはそのままなのに、
にぼしの魚粉が違和感なく…というか、見事にマッチングしちゃっています。
ウマい!

↑で、こちらがオーソドックスな中華そば肉入り大に生卵トッピング!
う~んフォトジェニック♪

…っていうか、ラーメン鉢までオシャレやないかい!
このラーメン鉢は、徳島の伝統工芸でもある『大谷焼』で、
こちらのお店のためだけに生み出されたオリジナル。
歴史ある由緒正しい大谷焼の窯元で造られています。
ちょっと背が高い形もユニークですね。

そんなラーメン鉢をはじめ、大谷焼のグッズはお店でも販売されてました。
なんともかわゆい…!

サービスのお水も、まさかのTHERMOSのタンブラーでご提供…。
なんだか、そのイケてるおもてなし精神に泣ける…。

↑こんなサービス…というか仕掛けもあって、
スープを飲み干さざるをえませんな…。
※ちなみに今回はハズレでした…。残念。

というわけで…、前置きが長くなりましたが…いざ実食!

麺はよーく見るとエッヂが立っている(←さぬきうどんの麺によく使う表現ですが…)ではないか!
ええ感じのちょい固麺(私は好み)。
スープも正統派の徳島ラーメンの味わいです。
こってりしているけれど、嫌味のない濃厚さで美味!
豚バラ肉は、正直に申しますと、もうちょっとまろやかにしてほしいな…
と思うほどの濃い味付なのですが、生卵と一緒に食べれば…
ノープロブレム!

※ちなみに、私は生卵が入っている徳島ラーメンを食べるときは、
 しばらくは生卵を触ることなく、ありのままの徳島ラーメンを堪能してから、
 ちょっと変化があってもいいな…と思い始めたときに卵の黄身をぷちんと割って、
 麺とスープに卵をからめながら食べるという、
 「1食で2度おいしい」食べ方をやっております! 

こちらのお店はオープンしてからまだ数年という、どちらかというと新しいお店ですが、
その味の実力はほんまもんやと感じました。

ちょっと調べてみたところ、店主の田村さんは、
脱サラしてラーメンの修行をし「女性にも愛される徳島ラーメンを作りたい」と、
こちらのお店をオープンしたそうです。

ええ…、その志、とくと受け止めました。
だって、私、こちらの徳島ラーメン、愛しはじめちゃってますもん…(キュン!)。

あ、もちろん女性だけでなく、男性でも大満足できることは間違いなしです!
徳島に来て、徳島ラーメンめぐりをするなら、ぜひこちらのお店も候補に入れてくださいませ!

中華そば 田村
tamura-men.com

イイね!を押すと
最新のキニナルをお届けします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。